よき企業市民として

金融・銀行業務は、社会経済の進歩にとって極めて重要な役割を担っています。したがって、すべてのステークホルダーのニーズを理解するということが、バークレイズの企業市民活動の原点となります。

さらには短期的および長期的な意思決定によって、お客様そして私たちが就業する地域社会に貢献することを目指しています。

バークレイズは事業の優先事項のひとつとして「よき企業市民として」を掲げ、企業市民活動を推進。一般家庭や企業への融資、二酸化炭素排出量の削減、500万人の若者支援などの活動を進めています。特に、以下の3分野に軸足を置いた活動を行っています。

業務のあり方―

お客様やクライアントに対するサービスを向上し、事業の運営に責任を持ち、私たちの活動が及ぼす社会的・環境的影響をしっかりと管理することを目指します。

実体経済の成長への貢献―

個人、企業、機関、政府の成長を支援しながら、さらなる経済成長や雇用創出に貢献します。

地域社会の支援―

バークレイズ従業員の技能、時間、お金、専門知識を注ぎ、地域社会を支援します。